本文へスキップ

あなたの愛車を任せられる車検業者はどこでしょう。

ディーラー車検

ディーラーで車検

今回の車検はどこで受けようか/ディーラーで車検

あなたの望むのが安心と信頼であるならば、自動車の定期検診の車検で一番のお勧めは 自動車メーカーのディーラー車検になります。 自動車メーカーは自社ブランドの自動車を販売するため、全国各地に正規ディーラー がいたるところに店舗を構えていますのでトヨタや三菱の看板をドライブ中に何度も 目にしたことがあるはずです。 街中で日産の看板を掲げている店舗は日産の自動車を製造している工場ではなく、 日産車を販売しているお店であることは誰でも知っているでしょう。 そして販売店のディーラーでは車検も受け付けていることくらい、自動車学校を卒業 して免許証を所持している人なら把握していて当然の事柄です。 ディーラーの店舗内には工場も併設されており、修理や整備も高いレベルでのサービス が期待できますので安心して車検を任せることができるのです。 その自動車を製造したメーカーの工場なので、妥協を許さぬ厳しい視点で点検を行い 完璧に整備をしてもらえるでしょう。


ディーラー車検の特徴

ディーラーに併設されている整備工場には四六時中自社の自動車をいじって過ごしている 整備士が数名おり、彼らは自社製品なら確実に民間の整備工場よりも多くの知識を 有していますし点検すべきポイントも把握しています。 他社メーカーの自動車に関しては他所よりも劣りますが、自分達が製造販売している 自動車なら誰にも負けないと自信を持っているはずです。 部品交換も純正パーツを使いますし、その車に一番適した部品と交換してもらえるので 整備レベルがずば抜けて高いことがディーラー車検の特徴でしょう。 窓口は販売がメインなので休日に訪ねても対応してもらえますし車検時には代車も用意 してくれるなど、全てにおいてサービスは行き届いているのですが、一番高額な費用 となるのもディーラー車検の特徴であります。 完璧なメンテナンスを求めるのならディーラー車検がうってつけでしょう。


ディーラー車検の流れ

ディーラーで新車を購入したのなら最初の車検が迫ってきたら葉書などで通知される でしょうから、そこに記載されている通りに行動すれば万事うまくいくでしょう。 必要な書類や準備すべきものを全て揃えてディーラーへ伺うのがディーラー車検の手順 になりますが用意すべきものは車検証、自動車税納税証明書、認印くらいでしょうか。 車検証はずっと車に入れっぱなしでしょうからちゃんと存在するか確認を、認印は こういった手続きには欠かせませんので忘れず携帯を、自動車税納税証明書は毎年 4月〜5月に送られてくる自動車税の納付書に従って納税していれば手元にあるはず ですので心配ないでしょう。 これらを持参してディーラーへ行けばいいのですが、代車を準備してもらったりと 相手の都合もありますので事前に電話連絡をしてからにしましょう。 マイカーを引き渡して代車を受け取ったら車検が終わるのを待ちます。 完了したら連絡がくるでしょうから、代車に乗って再度ディーラーを訪ねて、車検の 終わった愛車を受け取って終了です。