本文へスキップ

あなたの愛車を任せられる車検業者はどこでしょう。

民間整備工場

民間の整備工場

今回の車検はどこで受けようか/民間の整備工場

民間整備工場はディーラーに比べて少ない費用で車検を受けることができるので、 新車から初回の車検はともかくそれ以降に利用する人はかなり多いです。 規模によっては1人で切り盛りしている工場もあり、一口に整備工場といっても 全てを同系列で語ることはできません。 数名〜10名程の中規模な整備工場が多数でそのほとんどで車検も受け付けてくれ ますので、ディーラー車検に出すお金が無いのなら民間整備工場へ依頼するのが次点 の策としては有効な方法になるでしょう。 各自動車メーカーの製造している自動車全てに対応してくれる反面、その分専門家 であるディーラーに比べて持ち合わせている知識は少量になりますが、車検に合格 させるくらいはお茶の子さいさいです。 車検時以外にも急なマシントラブルで修理をお願いしたりと、なにかとお世話になる 機会も多いのではないでしょうか。 修理・点検は車検でなくても必要なことなのです。


民間整備工場の特徴

ディーラーよりも安いと評判の民間整備工場での車検は、どの車種にも対応している ので近所の整備工場へ依頼するだけでオッケーです。 「このメーカーのはうちではちょっと無理かな」「この車種は扱ってないよ」とお断り されることはそうありません(よほどマイナーな外車でなければ大丈夫です)。 またディーラーと違い正規品以外の部品を使って安く修理する、といった倹約術を 使ってくれることもあり、ユーザー目線から修理・点検をしてくれることを期待できる のも民間整備工場ならではのことです。 ただサービス業とは言えない業種なので週末の土日曜日に営業していない所もあり、 愛車を持ち込むタイミングに苦労するケースもあるようです。 基本が接客業ではないので綺麗なお姉さんが対応してくれるわけでもなく、整備士の 脂ののったおじさんと話をすることになるのも覚悟しておきましょう。 若い女性とお話したいのならディーラー車検の方が遭遇する可能性は高くなります。


整備工場車検の流れ

整備工場で車検を受けるのなら、まずはどの工場にするかを決めることから始めます。 電話帳で近所の整備工場を探すか、インターネットで検索してピックアップしつつ ついでにみんなのクチコミ情報も集めましょう。 知り合いに整備工場に詳しい人がいたらアドバイスを求めてもいいですし、情報収集 は該当する整備士の腕前を知るためにもどんどん積極的に行うべきです。 整備工場が決まったら電話で車検を依頼したいと伝え、自家用車を持ち込む日時を 決めますがもし代車が必要ならそのこともはっきりと伝えておきましょう。 代車を準備するかどうかで工場側の都合も変わってくるからです。 あとは他の車検と同じように車を預け、終わったら受け取る流れになります。 初めて車検をお願いする整備工場ならこのような感じになりますが、2回目以降は 車検の時期がやってきたら「もうすぐ車検ですがいかがいたしましょうか?」と 絵葉書で通知が来るようになるので、それを片手に予約の電話をすればスムーズです。